2013年1月29日火曜日

理解することで新しい発見も

前回 doremi は、「法令制限」の都市計画法が特に苦手だったと書きました。身近ではない法律だったからです。

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(マスタープラン) ってどんなもの?


マスタープランなんて、参考書読んでも全然イメージできませんでした。
でも今は、そのへんの参考書よりやさしく説明してくれるのが、市役所、区役所などのホームページですね。

「都市の健全な発展と秩序ある整備を図るため、土地利用のあり方や道路・公園等の都市施設の整備、市街地開発事業に関する計画などを定め、都市の将来像を描き出すプラン」のこと。

将来像を描き出すプラン」というフレーズは、千葉市のホームページから引用しました。「整備、開発及び保全の方針」より、 doremi には しっくりきます。それで拝借しました。

まず都道府県が、そこの都市計画区域のプラン(マスタープラン=整備、開発及び保全の方針=将来像を描き出すプラン)を定めるのが、話の始まりです。

そしてそのプランが定まると、一般の人の「縦覧」に供します。民主主義社会ですから、お上が秘密にしておくことなどできません。

ところで doremi には、今でも引っかかる言葉が出てきます。それは「縦覧

そういえば、過去問にも出てきますね。
(例)
公衆の縦覧に供された都市計画の案について、関係市町村の住民及び利害関係人は、都市計画の案の公告の日から2週間の縦覧期間の満了の日までに、意見書を提出することができる。[平成9年度/1997年度/問17(2)](正しい肢です)

聞き慣れない言葉、「縦覧」の意味


自由に見ること。思うままに見てまわること(デジタル大辞泉より)。
また、宅建倶楽部にある法律学辞典によると、行政上の書類を一般的に自由に見せる制度があるときにこれを見ること、法文上は「縦覧に供する」と表現される、となっています。

なんか、上から目線の言葉だなぁ。
英語では public inspection といいます。public がついてますね。
「縦覧に供する」となると make … available for public inspection
英語の表現は、上から目線を感じません。

同じような意味で使う「閲覧」とは


この言葉も過去問にしばしば出てきます。
(例)
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備え、取引の関係者から請求があったときは、当該名簿をその者の閲覧に供しなければならないが、当該名簿を事務所のパソコンのハードディスクに記録し、ディスプレイの画面に表示する方法で閲覧に供することもできる。[平成19年度/2007年度/問45(2)](正しい肢です)

調べたところ、法律学辞典には「閲覧」という言葉でなく、「閲覧請求」という言葉でしか載っていませんでした。
意味は、行政機関に対して、その保有する文書その他の物件を閲覧させるよう求めること。

そこで、デジタル大辞泉で調べると、閲覧とは、書物・新聞・書類・ウェブページなどの内容を調べながら読むこと、でした。

wikipediaによると、閲覧とは、図書館関連の用語で、利用者が資料を館外に持ち出さずに見ることを言う。また、近年では、インターネットの用語として、ウェブブラウザを用いてウェブページを見ることを閲覧と言い、その回数をページビューという。

なるほど、閲覧は法律用語ではないから法律学辞典に載っていなかったということですね。
英語の表現では、inspection だけだと思います。

「閲覧」と「縦覧」の違い


この二つの言葉は「縦覧に供する」と「閲覧請求」という言葉で比べると、違いがはっきりします。

◎「縦覧に供する」の主語は、お上
◎「閲覧請求」の主語は、一般の人

  お上 ----「縦覧に供する→→ 一般の人  

  お上 ←←閲覧請求」  ----- 一般の人


英語の表現が上から目線がなくて、文字通りの民主主義です。
日本の法律用語は、上から目線が多いような感じがします。
ちょっとした発見でした。


都市計画法を含む「法令制限なんか丸暗記科目だ!」と教える予備校や講師が多いです。

丸暗記できれば大したものです。
そんなこと無理と感じている皆さまは、参考にしてくださいね。

2013年1月21日月曜日

doremi の苦手分野克服法

さて、前の記事では"少さな改善の積み重ね"を提案しましたが、きょうは、もう一つの積み重ねをお勧めしたいと思います。

doremi の苦手は「法令制限」で、特に都市計画法でした。

初めからやる気が出なくなっちゃうのが、都市計画法の専門用語。
例えば区域区分?地域地区?用途地域?地区計画等?
必死で覚えてみても、なんか生活に密着しない単語だらけで、ぜんぜんピンと来ない…。
そんな時は、具体的なイメージがほしくなりませんか?

その頃の doremi だったら無理でしたが、今ならネットでいくらでも調べられます。
例えばこちら
北海道から沖縄県まで、"市"や"町"単位で、用途地域の地図を確認できます。

お住まいの地域から見ていくと理解しやすいと思います。
なるほど、駅周辺は商業地域。でもすぐ近くに第一種低層住居専用地域があるな、という風に。

既に固定資産をお持ちの方は、ご自分の土地などの建ぺい率や容積率などの専門用語に敏感でしょう。そんなこともちゃんと確認できます。
こうなると言葉だけでなく、イメージでも理解できるようになるのでは?

都市計画税がどういうわけで払わされているのか、市や町のホームページに行ってみれば、"市街化区域内に関係している"ことが分かったり、身近に感じられるかも。

このように、わからないことをいちいち自分で調べてみると、手間がかかるんだけど、分かる楽しさも出てくる。

いまはまだ、余裕をもって勉強できる時期ですね。
だから、お勧めしたいと思います。

doremi は数年前に、47NEWS(よんななニュース)というホームページの中で、南極観測隊に同行した記者の日記を愛読していました。
その中で"第51次本吉隊"の隊長さんが最後に言っておられた言葉が、今でも忘れられないです。

それは、「人間の脳というのは3つのファンクションを持っている。一つ目は生きたい。二つ目は知りたい。3つ目は仲間を持ちたい。全員生き延びて帰って来てください。どん欲に研究、観測をしてください。そして1人の人間を孤独にしないでください」。

この言葉の中の「知りたい」は、誰にもある本能らしい。ここを、 みなさまそれぞれが工夫して刺激すれば、宅建の勉強が苦痛にならなくて済むんじゃないか、と思ったわけです。

キーワードは「なぜ?」です。「なぜそんな制度があるんだろう?」とか、小学生に戻ったつもりでね。

2013年1月17日木曜日

次の試験に向けての対策

お正月から既に2週間も過ぎ、次の試験に向けての対策をそろそろ考え始めた頃かな?
と doremi 宛てに来たメールをみて感じましたので、アドバイスをちょっと書こうと思います。

少しの差で不合格だったみなさまは、多分運が悪かっただけ!のことでしょう…。
だから、みなさまの心の中は、「こんなに努力したのに…。」、「10年分も過去問を解いたのに…。」、「模擬試験で40点も取れたのに…。」、というような感情が渦巻いているのではないでしょうか。

その気持ちのまま、今年の対策は、教材を替えてみようか? 学校を替えてみようか? 独学でやってみようか? と考えているかたが多いのでは?

でも、目に見えるものを替えても、お金を沢山つぎ込んでも、ダメなときはダメです。
なぜでしょうね?

doremi は、みなさまの「気持ちに原因」がありそうに思えます。
不合格だった自分を、こんなに努力したのに「先生が悪かった」、「教材が悪かった」などと何かのせいにして甘やかしているような…。
このような気持ちのまま勉強を再開しても、また今年も、「去年よりも努力したのに…」となる可能性が大きいと思います。

そこで doremi からのアドバイス。

まず、不合格になった「自分はダメだとかのマイナス感情は、頭から完全に削除」します。
じゃないと、やる気、合格するぞという意欲そのものが、数ヶ月で萎えてしまう危険が大きいです。

次に、自分が受験した過去の行動を冷静に見つめます
見つめなおした結果、「自分を甘やかしていたな」とか、「弱気だったな」などと気づけば、その点をぜひ改善していただきたいです。

例えば、

「やだ、こんな難しい問題、覚えるっきゃないわ!」
doremi のアドバイス
-- いえいえ、そんな悲観的に弱気にならないでぇ。
法律の勉強は、覚えるんじゃなくて自分が裁判官になったつもりで、「どっちが悪いか自分勝手か」を考えると、解ける問題が多いんです。いつもなぜ? を考えていると自分のうる覚えの部分も発見できますよ。これはどんなかたにも当てはまる、法則です。

「ああ眠い!今日は半分で勉強やめよ!
doremi のアドバイス
-- こうすると、明日が今日よりきつくなりますよ。どうすれば、眠くならないで勉強できるか、自分なりにすぐ対策しなきゃね。この対策は十人十色で、法則みたいのはないと思います。

「このテレビ面白いから勉強は明日!」
doremi のアドバイス
-- 録画しとけばいいでしょ。できなかったら見ちゃダメ。何のために今つらい思いしてるの?

「この問題わからないから、教科書わからないから、ちょっとゲーム!」
doremi のアドバイス
-- おい、おい、わからないから食いついて何回も読んでやるんでしょ…。10回くらい読めば分かるようになるよ。ネットでだって調べられるでしょ。

と、このような小さな小さな改善の積み重ねが、逃がしていた運を引き寄せるように思います。つまり去年の自分とは違う自分になる…。

お金を出して特別な受験対策なんてしなくても、これで合格する人が結構出てくると思いますが、賛同していただけますか?

2013年1月9日水曜日

プライベートコーチの位置づけ

更新:平成25年12月9日

このブログの一番上に、私信ならではの踏み込んだコーチ」も別サイト(ドレミの写真があるサイト)でしています」っていう文章が、いつも出ています。

doremi は、
1. 宅建試験の勉強法
2. 資格の役立てかた
3. 合格までにかかる費用
4. 学習時間
5. 市販本の扱いかた
を想定して、「私信ならではの踏み込んだコーチ」を始めました(平成24年8月27日開始)。

でも平成24年の暮れあたりから、心配していたことが起こっています。
それは、プライベートコーチを”勉強の中身を無料で教えてくれる"サイトと考えるかたの増加です。

原則として、 doremi が勉強の中身を教えることはしていません
理由は、有料で講座を取ってくださっているかたとの公平です。

例外もありです。原則と例外を振り分ける基準は、doremi に100パーセント裁量権が与えられています。この点について、迷物講師は口を出さない約束です。

原則と例外を振り分ける基準を、具体的にお教えすることはないです。
原則にあてはまるかたには、「この御質問にはお答えできません。ご容赦ください。」と書きます。

2013年1月7日月曜日

粋なサービス

あけまして おめでとう ございます!
今年、日蓮宗の正中山法華経寺へお参りに行ってきました。 doremi の初詣先で一番多いのが法華経寺です。理由は秘密。

ここは、各地のお坊さんが修業する場(大荒行を行う日蓮荒行堂)や、国宝の日蓮直筆"立正安国論"が保管されている聖教殿など、国指定の重要文化財がたくさんあるところです。
今年は、三が日を過ぎてのお参りだったので、ゆったりと見て歩けました。

でも風がとても冷たくて、寒いの大嫌いな doremi には例年よりつらかったです。

帰路、道路には面しているものの辺鄙な場所に一軒の手作りパン屋さんがあるのを発見!
小腹がすいていたので入ってみました。

ここは普通のパン屋さんにはない工夫を凝らしたパンが並び、お客さんもたくさんいて、活気があって繁盛しています。
"店は場所がすべて"という不動産屋さん的常識に反するパン屋さんです。

職人さんも販売をやっているらしく、どういう風においしいのか、と中から出てきて説明してくれます。

勧められたお豆腐とチーズでできたケーキとバゲットをトレイに載せて支払う時(総額500円未満)、店員さんに「カップはお二人分でよろしいですか?」と聞かれました。

「パン買っただけで飲み物は頼んでいませんよ!」と言ったら、「いえ、ただ今サービスでお出ししています。このカップで入口のところにあるコーヒーサーバーのボタンを押して、暖かいコーヒーをどうぞ。寒いので、少しですがほっとしてくださいね」だって。

「それはどうもありがとうございます。ホント寒いですね」と言って500円玉を出すと、レシートのほかにポチ袋に"お年賀"と印刷してあるものまでくれました。
「お正月にわざわざ来て下さった皆様にお渡ししています」、と店員さん。

この粋なサービスには感心してしまいました!
車中で頂いたコーヒーを飲んで、心まで温まりました。

でも、裏に何かある、ごまかしサービスは相手に伝わりません。"伝わらないを通り越して"疑われてしまうと思いますよ。

典型は、普段スーパーで食品などを買うとき。
「カードでポイントが付きますからお得ですよ」と言いながら、売り手側はお客の買った情報をすべて端末にデータとして保存して、お客の今度買うものはこれだから、宣伝はこうしようと情報を盗んでいるに違いないのです。だから doremi は 、この手のカードは一枚も持っていません。

相互の信頼関係が初めっからなく、会話がないのもつらいです。
店員さんの決まり文句、「ありがとうございました」だけが混雑した店内に響く息苦しさ。裏に何かある、ごまかしサービスはもうたくさん!
m(_ _)m (*^_^*) 今年もよろしくお願いいたします。