2013年2月22日金曜日

善意・悪意の意味が一般用語と違う理由


1.善意


宅建を勉強し始めると、比較的早い時期にお目にかかる専門用語があります。
それは「善意」という言葉。

一般用語で善意と言えば、善良な(他人のために思う)心ですることを指しますよね。
善意の共同募金とか…。

でも法律で「善意」と言ったら、「ある事実を知らないですること」に意味が変わっちゃいます。

なぜなの?

2.悪意


これは「悪意」についても同じです。

一般用語で悪意と言えば、悪い(他人に害を与える)心ですることを指します。

でも法律で「悪意」と言ったら、「ある事実を知っていてすること」に意味が変わっちゃいます。

これも、なぜなの?

3.理由を調べてみた


そこで doremi は調べてみました。

まず、宅建倶楽部にある専門書や法律辞典で調べてみました。
結果、その理由が書いてある部分は発見できませんでした。

じゃと、ネットで調べてみました。
やっぱり、なぜかを書いてあるサイトは見当たりませんでした。

4.ふだん偉そうにしている迷物講師


しかたないので、ふだん偉そうにしている迷物講師の教えを請うことにしました。

"理由がない結論はない!" が口ぐせの迷物講師は、このブログを読んでくださる皆さまからしても、偉そうにしていると思うでしょ? doremi も同じ!

しゃくだけど、迷物講師は理由をすっきり説明してくれました。

そして、意地悪な先生はひと言つけ加えました。
"いま教えた理由はブログに書くな!" だって…。

弁護士だって宅建講師だって99%は知らないはずだから、これは企業秘密というのが理由らしい…。

5.結論


今回のタイトルは釣りっぽくなってしまいましたが、善意・悪意の意味が一般用語と違う理由なんて全然しらなくても、

・ 「善意」は「ある事実を知らないですること」
・ 「悪意」は「ある事実を知っていてすること」

と覚えちゃえば、宅建試験の「高得点合格にも何の支障もないはず」なので、かんべんしてください。

ただ、有料講座をとっているかたは、迷物講師を「おだてれば」教えてくれるかも…。

2013年2月15日金曜日

おいしくて、ヘルシーで、手早くチャチャッと

最近は、自分の免疫力を高めてお医者さんに行かなくて済むよう、食生活を改善しています。
信じられるのは、自分の体力だけ。

抵抗力なければ、どんなえらい有名な人だってあっという間にこの世から消えちゃうから怖いです。

そのために doremi はなるべくデパ地下の総菜などを買わない、外食をしないようにして、手作りを心がけています。

と言っても、 doremi はそんなに器用ではない。
決して料理得意ではないので、少なくとも3つのことについての情報をたくさん身に着けて、手作り上手になろうと行動してます。
それは、おいしくて、ヘルシーで、手早くチャチャッとできることです。

1 おいしくて


すごくアバウトな表現!
いいんですよ、独断と偏見でみなさまそれぞれが想像してくだされば…。

doremi は子どものころから好き嫌いがないので、何でもいただけます。
ですから食材はなんでもOK。

よれよりおいしく食べる環境が重要です。
そう、誰と一緒に食べるか、ですね。
食べるだけじゃなくて、作るところから一緒だともっと happy になれると doremi は思っているわけですが…。

2 ヘルシーで


食材の組み合わせや、料理する時の油分に気を使わないとまずいのは中高年ばかりではありません。日ごろからダイエットしなくて済む食事をするための情報は欠かせませんよ。

栄養補助食品の助けを借りなければ不安というのでは、自己免疫力はちゃんとつくのかなぁ。

最近はシリコン素材の器やお鍋があって電子レンジで蒸し料理ができて、超便利。
油分を大幅に減らせます。
doremi もシリコン製のタジン鍋を使っています。

3 手早くチャチャッと


で書いたおいしく食べる環境が整ったなら、あまり時間をかけずに調理して食べたいですよね。もちろん一人の時でも。

これには、下準備が必要です。
それだけでなく、調理方法、調理器具、場所の面積や掃除のしやすさも、重要。

で書いた電子レンジで使える調理器具は、ガスレンジやIH調理台を占領せずにもう1品を同時に作れる優れもの。すごく時短になります。

そして小さなまな板がたくさんあると、食材ごとに切れて、そのまま鍋に放り込める=切ったものを別のバットやザルに置きなおさなくてよい=洗い物も増えないので、これまた時短になります。

また、フライもどき(油分を使わずパン粉だけ食材にまぶしてフライパンで焼くもの)はシリコンペーパーをフライパンに敷いて焼くだけなので、後片付けも楽ちんですね。

まだまだあるのですが、長ーくなるのでこの辺で…。

このように、チャチャッと調理するためにどうしたら楽できるかといつも思ってると、いい知恵が出てくるものですね。これで料理の腕が上がれば言うことなし!がんばるぞ。

話がそれますが、時間の短縮ができる方は、勉強時間を作りだすのも上手な方と思います。もし、まだやってらっしゃらないなら、 doremi のお料理みたいに挑戦してみて!

宅建の勉強も、時間の使い方全体が気になってきて、以前よりアグレッシブになっているのを感じられたら、しめたものだと思います。

2013年2月7日木曜日

女性の宅建合格率は?

合格発表後に「宅建試験の概要」が(財)不動産適正取引推進機構から発表されますが、「宅建倶楽部」では毎年データの集計をしてグラフ化しています。
それらを見ていて、ふと女性の合格率はどうなの?という疑問を感じまして、新たに集計した結果が下の図です。

平成24年から過去25年間の男女別合格率のデータグラフ


結果、昭和63年から平成24年までの平均の合格率は全体で15.6%でした。
重要なのは、この25年間の男性の平均は14.8%に対し、女性は17.8%と3%も差があったのです。
すごいと思いませんか。

だって一言で女性と言いますけど、与えられている環境は、男性より過酷の場合が多いのではないでしょうか。
例えば、結婚していて小さな子供がいる家庭を切り盛りしながら勉強していたり、年老いた親を介護しながらだったり、家庭の切り盛りだけでなくパートの仕事までしていたり…。
確かに男性も仕事の責任だったりノルマは厳しいでしょうが、何もしなくていい多くのニートも男性の中にいることを考えると、男性より努力や頑張る気力を持っている女性の方が多いからこのような結果が出たのでは…。

この25年間の結果に doremi は正直驚きました。

今年受験する女性のみなさま、毎日少しずつ、これが大きな結果を生み出します。

相田みつをさんは「毎日少しずつ。それがなかなかできねんだなあ。」とおっしゃったけど、女性ならできますよね!


あわてず、あせらず、あきらめず、前へ進みましょう!


なお、男性をダメだと言っているわけじゃないので、気に障ったらごめんなさい。m(__)m

…もっとほかのグラフが見てみたいと思ったら、こちらに…。

2013年2月1日金曜日

あなただけの知恵

宅建を、どんな手段を使って合格しようかと、いろいろ悩んでいるみなさまに役立つかもしれないことを、少し書こうと思います。

魅力ある宅建の宣伝文句


書店や予備校のパンフレットに書かれている宣伝文句は、魅力ありますね。

書籍など
宅建ゴロ合わせ&暗記術
ゼロからマスター講座
聞くだけで覚える速聴速読CD
イラストでよくわかる
まんがはじめの一歩
最短合格テキスト

予備校など
仕事・学業・家庭等と両立して合格を目指す皆さんを応援
法律知識ゼロの方も安心して学べる
合格時になんと半額キャッシュバック

十分調べてよさそうな講座・教材を決めたとします。
よし、これで合格を目指そう!
でもちょっと待って…。

合格するための条件は講座・教材だけじゃない、と doremi は考えています。

ネットで多く見かける合格体験記は役立つか?


自分は短期間で合格できたという体験記が目につきます。また、こんな苦労があったとか、この教材がいいよ、なんていうのも多いですね。

でも、こういう情報にあまり振り回されると危険かも、というのが実感です。

なぜ危険かというと、体験記を書いている人は言ってみれば赤の他人。
その他人と自分が、同じ環境で勉強できるわけないからです。

学生時代にやった勉強を思い出せ


「学習経験」というのは、10年・20年・30年…と過去の自分がしてきた成果です。

こんな人いませんか?

学生時代の試験は一夜漬けでOKだった!
要領だけは良かったので落第には無縁!

まだあります。
それは、大きな試験を受けた回数です。
最近では、高校も推薦、大学も推薦で入れる時代。

だから、宅建が人生最初の大きな試験という方も案外いらっしゃるように思います。

20万人前後が受験し、合格率も15パーセントという宅建試験は、日本を代表するくらい大きな試験ですよ。

高校や大学を推薦で入学できた、受験競争を経験しないで済んだ方は、それじたいが、ハンディキャップです。

具体的には、堅苦しくて退屈な法律の勉強に対する我慢する習慣が不足しています。

勉強を開始する前には、そこをまず十分認識していただきたいです。

この認識があって初めて、魅力ある宅建教材の宣伝文句やネットで見かける合格体験記が、あなた個人の知恵として本当に参考になるのだと思います。

予備校や先輩合格者が流す情報だけに溺れないでくださいね。
他人が流す情報と、あなた個人が得た知恵とは、ぜんぜん違うものです。

情報ではなく知恵を獲得する


今まで受験競争を経験しないで済んだ方も、経験したけどもう忘れてしまった方も、ぜひ、あなただけの宅建学習方法について、知恵を獲得してください。

ヒントになりそうなことは、このブログでもだんだんに書いていくつもりですが、まだ2月になったばかりなので、あせらないでじっくり、お願いいたします。

"迷物図書館"も今年で開館15年。
利用される方も、昔とはずいぶん違ってきているそうです。
そのへんを考慮して、もっともっと良いコンテンツをアップしてほしいと、 doremi からも強く要求しておきました。