2015年11月2日月曜日

溢れるアプリにひと言!

doremi の大好きな牡蠣。今年の広島では、例年より1か月遅れで今日から出荷開始だとか。


(1)便利なアプリは誰のためのもの?


便利なようだけど、画面に小さく表示される宣伝がウザイ!

無料だから仕方ないかと我慢はするものの、ついついその宣伝に乗ってしまい、考えないまま、その情報の通りに行動してしまう。
doremi は、ユーザーがみんな操り人形みたいに見えてしまいます。

ネットの世界で最近増殖しだしたこれらの広告、よーく考えてから行動しなきゃと思いませんか?
だって便利なアプリは、ユーザーのためではなく、広告で儲ける業者のためのものだから!



(2昔ネットの世界の広告は


昔はナローバンドのせいで、ネットを見るのにも、メールするのにも、すごく時間がかかりました。
電話回線とアナログモデムを介して、インターネットに接続していた時代です。

これはダイヤルアップ接続(64Kbps以下から256Kbps以下の低速な接続サービスのこと)と呼ばれ、電話同様に接続時間または通話料に応じて課金されるシステム(定額制でない従量制)でした。

画像のポップアップやスクロール機能を完備した地図が散りばめられているサイトなんて、全然ありませんでした。

それで商用サイトでは、メリハリのないサイトで宣伝しても限界があるので、見に来てくれた人に登録してもらい、テキストメール(文字だけのメール)を用いて宣伝を始めるのが普通になりました。

これが、メルマガの始まりです。


(3現在は


1.

現在のブロードバンドは、光やADSLやCATV回線を利用した大容量高速通信なので、動画を見たりアマゾンでの買い物も画面が止まってしまうなんてことないので、とても快適!
フォームの入力、購入などの操作もサクサクですね。

このように技術が発達したおかげで、宣伝広告の手法が大きく変化しました。

2.

メルマガは、現在大幅に衰退中です。
HTMLメールで大きな画像つきが横行し、スパムメールも激増。
ために皆さまも、来たメールをゴミ箱に直行させることが非常に多くなったでしょ?
今やメルマガの宣伝効果は、限りなくゼロに近くなったと doremi は考えてます。

3.

ブログやSNSは、いまでも流行っています。
なので、商用サイトやアフィリエーターが、そこで宣伝を始めています。

ターゲット広告ですね。
大きな画像がページのあちこちに表示されて、 doremi にはウザイの一言!

正確には現在では、SNSやブログを運営するのに疲れた人が多くなり始めているところでしょうか?
少なくとも、グーグルプラスやフェイスブックの我が国での衰退は確実でしょう。

迷物講師が言うところの拝金主義者は、他の手段を探さなくてはならなくなったようです。

4.

さて、ここにきてスマホを利用する人が急に増えてます。
スマホを利用するための便利なアプリも、どんどん増殖中。

スマホアプリは無料で便利なものもありますが、ダウンロードした後の画面を開いてみると小さいけれど、アイコンがありませんか?
それを知らずに触ってしまいリンク先の広告画面が表示されてしまうやつ
「ちょうど触りやすい所」に配置されてるんですね、これが。<(`^´)> <(`^´)> <(`^´)>

商用サイトやアフィリエーターは、このアプリに広告を表示させる手法を考えついたのです。
宣伝らしくない宣伝広告の登場です。
頭がいいというか、倫理観が欠如しているというか、これが世界のすう勢!

最近じゃアプリの「プッシュ通知」が、「あなただけへのお得な情報です」なんて、お知らせを送ってくる。
ホントにユーザーのためなの???

ネットの世界で増殖しだしたこれらの広告は誰の為か?
以上の変化をお読みになればお分かりでしょう。

便利なアプリは、ユーザーのためではなく、広告で儲ける業者のためのものですからね!

(4)あと1か月


話変わって、平成27年度の宅建合格発表は12月2日なので、まだ1か月も先なんですね。
皆さまはその間、拝金主義者の餌食にならないよう、十分お気をつけくださいませ。

宅建受験の世界では、「これは耳よりな話なんていうのは絶対にない」ですからね!
あるのは、「自分の弱さ(合格発表ではジラされること)に対してどこまで克服できるか」だけですよ!


2015年10月20日火曜日

2015年度 宅建試験を終えて


出来具合はいかがだったでしょうか。


コスモスの上になんの虫?

(1)各種施設までの所要時間の表示は


doremi もある大学で試験を受けました(合格したらダメな贅沢な人なので、皆さまの足を引っ張るようなことはしてません)。

当日の朝は余裕をもってでかけたのですが、会場まで歩いて24分かかりました。

ハガキによると駅から試験会場まで15分と書いてあったのに…。

試験に出る「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値」、で表示するとこれでOKなのか?

 doremi の歩き方はこれに当てはまらず、遅すぎ?

このハガキの書き方には反対です!
健康な人ばかりではないでしょ、ますます高齢化に拍車がかかる時代なのに、そこの配慮が足りない!

これはクレームとして誰かに言いたいですね。不動産適正取引推進機構にいったらいいか、後でちゃんと調べます。


(2)受験者の皆さまの苦労と努力に脱帽


宅建試験会場へは、受験者らしき人ばかりが蟻の行列のように同じ方向を目指して歩いています。
お天気は秋晴れで、歩いていると汗ばむくらい。

そんな中、doremi の前には異色の人が。
大きな黒いバッグを肩から重そうにかけた中年男性です。
汗をふきふき、忙しそうにスマホで話しながら歩いていました。

大きな声でしゃべっていたので、内容が不動産の買主への営業の電話であることが分かってしまいました。
税金の話や、修理の話を丁寧に説明してる感じです。ちょっとクレームっぽい話か?

長々と話しているうちに試験会場の近くまで来ました。

doremi は営業の人の苦労を察して「日ようも仕事の不動産屋さんか、大変だ!」と心の中で呟いていました。

その人が、「あいにく今日はお伺いできず申訳ありません。明日はきっと伺いますので、そのときに詳しくご説明しますね。それでは、これで失礼いたします。」と言って話を打ち切り、蟻の行列から抜けることなく、試験会場に入るではありませんか!

え!この人も受験者なんだ!
人それぞれいろいろな事情があるとは思っていたけど…。
苦労して受験してることを目の当たりにして、ホント頭が下がりました。

この一年努力を重ねてきた皆さまが全員合格できますように!!!!!!
18日の試験を受けた受験者の皆さま、本当に、お疲れ様でした!!!!!!

2015年7月27日月曜日

昔の知恵は素晴らしい!

檜の露天風呂
檜の露天風呂

















(1)暑中お見舞い申し上げます。


吹き出す汗、肌を刺すような鋭い光線、ムシムシ感…
どれをとっても、不快指数がウナギ登りの毎日ですが、宅建の勉強は進んでますか?

こんな悪条件で勉強する忍耐力をずっと維持していくのは大変なことと、同じ経験をした doremi にもよーく分かります。

そこで、そんな悪条件をちょっとでも解消するアイディアがひとつありますので参考にしてみてください。


(2)檜風呂を利用する


普通のお風呂ではなく、旅館などにある、香りのいい、あのお風呂です。
蒸し暑さを解消するだけでなく、いろいろな効用があるのでご紹介します。
  • 防虫、防ダニ効果
  • 抗菌、抗カビ効果
  • リラックス効果
この中で注目なのは、”リラックス効果”です。
香りの成分である、ヒノキチオールやフィトンチッドが、自律神経を正常にする働きを持っているそうです。

ですから、この香りに包まれると心も体も爽やかになれる!のです。doremi は自宅で既に体験してます。今では毎日のお風呂がとても楽しく待ちどうしくなるくらいです。

でもそんな簡単に檜風呂に改造できるのか?ってお思いでしょ。
その方法があるんです。


(3)檜風呂の簡単な作り方


簡単に言えば、風呂の蓋を檜の集成材に交換するだけなんです。

うちのは標準サイズのポリ浴槽です。
ある日のことその浴槽に利用していたプラスチックの蓋が壊れてしまいました。
たまたま利用していなかった木材が2枚あったので、それを蓋代わりに載せてお風呂を沸かしたのです。その木材が檜の集成材だと知らないまま…。

お湯が沸く頃になると風呂場からいつもと違う、い~い香りがしてくるじゃありませんか。
湯に入るとその香りが体中にまとわりつくようで、何とも言えぬ豊かな気分!
ああ、これはヒノキの香りだ、と思い出しました。

みなさまも、ホームセンターなどで檜の安い集成材(無垢は高額です!)で構わないから買って、お風呂の蓋を交換してください。蓋(うちのは厚さ1.5cm)だけでも十分な効果があります。

ただ専用の蓋でないため、お湯を沸かすたび蒸気で木がゆがみます…(-_-;)(ちょっと困る!)。


(4)日本の伝統的な知恵で爽やかに


こんなちょっとしたことが、クーラーや扇風機の人工的な涼しさとは違う、爽やかな感覚を doremi に思い出させてくれました。
体だけでなく、心までリフレッシュしてくれる、昔の知恵は素晴らしい!


それでは、この蒸し暑い日本で一番苦しんでいるであろうみなさま、くれぐれもご自愛ください。

<(`^´)>(ガンバレ!!

P.S.檜アレルギーの方にはお勧めできません、ごめんなさい。

2015年4月30日木曜日

歩きながらの宅建勉強法























宅建倶楽部のベランダにも春がやってきて、クンシランが咲きました。
静かに ”じっと” 花を眺めていると、癒されますねぇ。

勉強というものも静かに ”じっと” してやるもの、というのが定説。
でもこんな爽やかな季節になり、静かに ”じっと” しているのなんてイヤと感じるかたも結構いるのでは?

そんな方に、”とっておきの勉強法”をご紹介します。


歩きながら勉強する

少し速めに歩くことで、脳の血流が盛んになり、本当に記憶力が上がります。


doremi が考え、何度も実践して効果があった方法です。
「超」手軽にできます。

(1)

まず、いつもの勉強に一区切りついたら、メモを用意します。

覚えなくちゃならない数字や、今まで勉強してた内容のまとめなどを書いてポケットに入れます。

そしたら、運動できる服装に着替えて靴を履いて 、玄関を出ます。
何するの?って散歩です。

大股で速度は速め、「有酸素運動」をする感じで。30分くらいかな。
歩いている間、メモに書いたことを思い出しながら、声を出して繰り返す、「歩きスマホ」ならぬ、「歩きメモ」です。
恥ずかしい?だったら人のいない所でどうぞ。

(2)

どこかで聞いたようなと思われている方、聞いただけでまだ行動に移してはいないでしょ?

やってみなけりゃわからないので、この連休で確かめてみたらいかかでしょうか。

これが役に立ちそうとなったら、試験までの勉強方法がガラリと変わるかも!

2015年1月7日水曜日

神様、お願いです。


(1)地震が超嫌いな doremi !

日本中で地震が起きないようにといつも願っている doremi です。

去年暮れのNHKニュースで、
気象庁は、3月11日の巨大地震の発生後から12月31日までの
体に感じる地震の回数は1万357回、おととしは3139回、
去年は2387回と、年々減ってきているものの「地震が多い状況は続いていて、
大きな揺れを観測する地震がどこで起きてもおかしくないので、日頃から備えを
進めてほしい」と呼びかけています…

というのをみて、がっくり。(-_-;)

そんなに回数が多いのかと、自分でも検索してみました。

そうしたら各都道府県の地震発生状況のランキングをしてるページを発見。

それによると千葉県は地震発生頻度ランキング、なんと6位!やだぁ、(-_-;)

と言っても、これといった対策は一応済んでるので、後は神頼みしかないか…。

 このまま無事に1年を過ごせるようにと、2015年はある所へお参りして来ました。


(2)地震=ナマズ!?

確か鹿島神宮には、地震を起こすナマズ?を動けないように押さえている石があると聞いた記憶がありましたので確認のため、検索です。

鹿島神宮は茨城県、「鹿島アントラーズ」で有名な鹿嶋市にあります。

ここに祭られている神様は、日本書紀・古事記にでてくる出雲の国譲りの神話にて日本での支配を古代出雲から大和朝廷(天皇)へ譲るために大変重要な神、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)なのだそうです。

Once apon a time この辺は地震が多く、これは地中に大ナマズがいて、暴れるからだと信じられていました。

この神様ともう一人、鹿島神宮からそう遠くない所にある香取神宮の神様である、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が一緒になって、このなまずの頭を釘のように「要石(かなめいし)」で打ち付けて動けなくしているといわれているのです。

この要石は、地中深くまで埋まっているらしいのですが、地表に少し顔を出していて、鹿島側は上部中央部が凹形で香取側は凸形をしています。


江戸時代、水戸黄門(徳川光圀)さまが七日七夜掘り続けても底が見える様子がなく、さすがの光圀公もあきらめて作業を中止したといわれており、鹿島神宮の要石と香取神宮の要石は下でつながっているとも言われているそうです。


「鹿島神宮の要石」と「香取神宮の要石」までは地図の上で直線距離は約24km。

2本の石釘で押さえられているとしたら、確かに大ナマズだ!!!

調べるといろいろな話があり、とても興味をそそられました。

参考サイト

鹿島神宮の要石(かなめいし)の謎

鯰(なまず)と地震と要石(かなめいし)

大ナマズ押さえ地震よけ 鹿島神宮の要石(茨城県鹿嶋市)


(3)地震除けのお守り

ここまで情報を入手したからには、初詣は鹿島神宮と香取神宮へお参りしなくっちゃ!
というわけで1月4日行って参りました。
もちろん要石のお守りは忘れずに買ってきましたよ。下の写真がそうです。

2015 地震除けのお守り2点
右のお守りは香取神宮、左のお守りは鹿島神宮のもの




























ちょっとがっかりしたのは、お守りが実際見た形(鹿島側は中央部が凹形で香取側は凸形)ではなかったこと。

両神様はお守りの形までは相談しなかったんだ!!


鹿島神宮のお守りは要石をかたどったもので、裏には、

揺ぐともよもや抜けじの要石、鹿島の神のあらん限りは」と、書いてあります。

一方香取神宮のお守りは袱紗の中に、プラスチックの黒い三角の石らしきものが入っていて、

それには「要石」と書いてありました。


これで、一年地震がありませんように!

皆さまも何が起こっても大丈夫なように、できる準備だけは済ませておきましょうね。


一休さんの歌
  正月や  冥途の旅の  一里塚  めでたくもあり  めでたくもなし
にあるように、年の初めから縁起でもない?お話でした。